クリスマスツリー

クリスマスツリーお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

クリスマスツリー

このページは「クリスマスにゆかりの動植物 」の情報コンテンツです。
クリスマスツリー > クリスマスにゆかりの動植物

豆知識

クリスマスにゆかりの動植物

クリスマスと言えば、いくつ定番が思い浮かぶでしょうか。クリスマスに欠かせない植物・動物について見てみましょう。

モミ

クリスマスツリーには必ず必要なモミの木。まっす伸びた幹は大きいもので数十メートルにも達します。ブラシ状に生えた葉が特徴です。樹皮がもんだように見えることからモミと呼ばれます。丈夫で軽いので家具、天井板、棺などに使用されますが、やはり最も有名な用途はクリスマスツリーです。ツリーにモミが使われるのは、横から見ると三角形に見える形が三位一体を表しているためとか、イエスの十字架がモミで作られたためとか、いくつか説があります。

リンゴ

クリスマスツリーによくぶら下がっている金銀のボール。あれはもともと本物のリンゴの実をぶら下げていた名残です。ツリーにリンゴをぶら下げたのは、中世のクリスマスで、教会の広場で受難劇を上演する際に、エデンの園での場面でモミの木にリンゴをぶら下げて禁断の果実に見立てたのが発祥と言われています。実際、禁断の果実が何の木だったのか聖書には書かれていませんが、ラテン語で罪とリンゴがどちらもマールム(malum)と書かれる同音異義語だったので、禁断の果実もリンゴだったのではないかと考えられました。

トナカイ

聖書にはでてきませんが、トナカイはクリスマスには決して外せない動物です。サンタのそりは8頭のトナカイが引いていると言われます。しかし、実際には、犬のような整然とした集団行動は苦手で、8頭立てのトナカイぞりで、まともに走らせるのはかなり無理があるようです。トナカイと言えば忘れてはいけないのが、「真っ赤なお鼻のトナカイさん」こと赤鼻のルドルフです。ルドルフが誕生したのは、1939年にシカゴのデパートの宣伝用小冊子にサンタのそりを引く9頭目のトナカイの詩を書いたのが最初でした。この詩が好評となりテーマソングが作られ、発売されると大ヒット。世界で一番有名なトナカイとなりました。

七面鳥

英語ではターキーと呼ばれ、興奮すると顔やトサカが赤や青に変色するので、和名では七面鳥とつけられています。ヨーロッパでは古くからガチョウやクジャクなど大型の鳥の丸焼きがクリスマスの食卓を飾っていましたが、16世紀頃、スペイン人がメキシコから七面鳥を持ち帰って以来徐々に広まり、特にイギリスでクリスマス料理としてすっかり定着しました。肉は脂が少なく、よく言えばさっぱり、悪く言えばパサパサしているので、日常の食卓にはあまり並ぶことはありません。

クリスマスの日に雪が降っていると、それは「ホワイトクリスマス」と呼称されます。 ツリーに雪をデコレーションすると雰囲気も出ますし、沢山雪が積もっている上にソリを滑らせているのがサンタさんであるというイメージもありますよね。 日本では雪のふらない地方もありますので、ホワイトクリスマスはちょっとした特別な日だと感じる人もいます。 逆に豪雪地方では雪が多すぎて、逆にこういった除雪機 家庭用に乗ってサンタさんが来るんじゃないかと思うぐらいです。 雪かきでホワイトクリスマスを過ごす必要があるような地方の場合、ぜひ除雪機をクリスマスプレゼントにお願いするといいでしょう。

クリスマスツリー 激安通販
ExecutionTime: 138 msec / Memory: 7.6 MB