クリスマスツリー

クリスマスツリーお支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

クリスマスツリー

このページは「日本のクリスマス 」の情報コンテンツです。
クリスマスツリー > 日本のクリスマス

豆知識

日本のクリスマス

クリスマスというイベントは戦後に入ってきたと思ってる方も多いかもしれません。しかし、日本でもかなり古くからクリスマスはお祝いされてきました。

日本最初のクリスマス

日本にキリスト教が伝わったのが1549年のことですが、その3年後には日本ではじめてクリスマスが行われています。1552年に山口で布教活動を行っていた宣教師のコメス・デ・トルレスらが日本人の信徒を招いてクリスマスをお祝いしたそうです。また、1566年にはなんとクリスマス休戦も日本で行われています。松永久秀と三好三人衆の軍勢が堺の近くでにらみ合いをしていましたが、配下にはキリシタンが数多くおり、堺に住んでいた宣教師ルイス・フロイスの誘いで、一時停戦して一緒にクリスマスを祝いました。その後はキリスト教が禁制となったため、表向きにクリスマスが祝われることは明治維新までありませんでした。

開国後のクリスマス

江戸時代にキリスト教が禁止され、鎖国が始まってからは表向きにクリスマスが行われることはなくなりました。ただ、出島でのオランダ人たちや隠れキリシタンたちの間では密かに行われていたようです。公にクリスマスが行われるようになったのは、明治に入ってキリスト教の禁制が解けてからです。明治7年には原女学校でクリスマス会が行われたという記録が残っています。サンタクロースも登場したようです。

大正に入ると一般家庭にもクリスマスは広まっていきます。現在と同じように、宗教行事としてではなく、年中行事としてキリスト教徒でない人にも受け入れられるようになりました。俳人正岡子規はクリスマスをはじめて俳句の季語として使っています。

現代のクリスマス

クリスマスは現在では年中行事としてすっかり定着しています。11月に入るともうクリスマス商戦が始まります。店舗のディスプレイもクリスマス一色になりますね。海外ではクリスマスの日は、家族で祝うことが多いですが、日本ではなぜか恋人と一緒に過ごすことが定番となっています。クリスマスケーキとプレゼントは欠かすことができません。

クリスマスツリー 激安通販
ExecutionTime: 772 msec / Memory: 7.6 MB