サンタ衣装

サンタ衣装お支払&配送返品交換SHOP紹介FAQサポートカート

サンタ衣装

業務用サンタ衣装
このページは「ハロウィンと火の歴史 」の情報コンテンツです。
サンタ衣装 > ハロウィンと火の歴史

豆知識

ハロウィンと火

火には魔力があると言われます。古くから火は厳しい冬の寒さから人々を守ってくれ、火を利用することでさまざまな活動を行えるようになりました。世界中に火にまつわるお祭りがあります。ハロウィンもその一つで、大切な意味があります。

神聖なる炎

昔から神聖な炎は暗闇から人々を守ると言われてきました。アイルランドの地域では、ハロウィンの夜に国中の火を消し、聖なる火によって再び火をともしたそうです。こうすることで新たな1年を幸せに暮らせると信じられていました。また、農夫たちはたいまつを手に持って、家族と一緒に、自分の畑の周りを歩いて回る習慣がある地域もありました。このたいまつの火はハロウィンのたき火からとったものでなくてはならず、畑をぐるりと回ることで新たな1年は豊作になり、家畜は子どもをたくさん生んでくれると信じられていました。現実的にも、たき火によってできた灰を田畑の肥料として活用することができましたので、農民にとっては大切でした。

魔除けとしての火

ハロウィンの夜のは、先祖の霊とともに、魔女や悪霊もやってきます。悪霊たちを家に入らせないために、一晩中玄関先に火をともして絶やさないようにしていたようです。現在でもカボチャをくりぬいたランタン、ジャックランタンを飾ります。ジャックランタン自体お化けでしたが、それを逆に、火とともに魔除けとして利用しています。迷信としてだけでなく、現実的な問題としても、動物に襲われたり、泥棒に入られたりしないためにも、火は重要だったと思います。

火によって清められる

カトリックの教えとして煉獄(れんごく)という言葉があります。これは天国と地獄の間であると考えられ、地獄に落ちるほどの罪ではないが、小さな罪を犯した死者の霊魂がさまよっている場所です。昔から火はこの煉獄に取り残されている死者の罪を清めて、魂を救ってくれ、天国に行くことができると信じられていました。ハロウィンで多くの火が登場するのは、そのような意味もあるのです。

サンタ衣装 激安通販
ExecutionTime: 161 msec / Memory: 7.6 MB